妊娠中におすすめの葉酸サプリについて紹介します

妊娠中にぴったりの葉酸サプリって?!

妊娠中は、赤ちゃんのために葉酸を摂取したほうがいいと言われていますよね。
でも、葉酸サプリを買おうと思っても、種類がたくさんあって、どれにすればいいか迷ってしまいます。

 

そこで、妊娠中に必要な栄養素と、摂取する量、栄養が足りないとどんなことが起こってしまうかという情報を紹介します。
妊娠中におすすめの葉酸サプリベスト3も紹介するので、妊娠中に飲む葉酸サプリはどれがいいか悩んでいる方は是非ご覧下さい。

妊娠中におすすめの葉酸サプリベスト3

プレミン

妊娠中は、妊活中のときよりもたくさんの鉄とカルシウムを必要とします。鉄は1日20mg必要で、プレミンには15mgも入っています。15mgのうち、ヘム鉄は8mg、非ヘム鉄は7mgで、吸収率のよいヘム鉄の方が多く入っています。

 

合成葉酸400μg、カルシウム250mg、ビタミンB6、B12、Cも十分な量が入っています。この十分な栄養素が1位の理由です。

 

また、定期便はお休みすることもできるし、25日間は全額返金保証があります。試しに購入してみて、合わなかったらやめることもできるので、最初の購入しやすさがおすすめです。

 

プレミンについて詳しく知りたい>>>

 

価格 容量 評価

定価5,980円(税込)
ポストにお届け定期便なら
3,880円(税込)

葉酸 400μg
鉄 15mg
カルシウム 250mg
ビタミンB6 1.4mg
ビタミンB12 2.8μg
ビタミンC 100mg

妊娠中,葉酸サプリ,葉酸

ママニック

ママニックは、合成葉酸400μg、鉄、カルシウム、ビタミンB6、B12、Cが入っていて、栄養の種類はバッチリです

 

また、妊娠中に必要な栄養素のほか、ツバメの巣、黒酢もろみ、ヒアルロン酸などの美容成分が8種類も入っています。妊娠中は肌荒れが起こりやすく、髪の毛も痛むことがあるので、美容成分配合は嬉しいポイントです。

 

ママニックは全額返金保証が15日間あるので、購入したあと合わない場合も大丈夫です。ただし、定期便は6ヶ月継続しないといけないので、最初の15日間の間に続けられるかしっかり見極めましょう。

 

ママニックについて詳しく知りたい>>>

 

価格 容量 評価

定価5,400円(税込)
定期便なら30%オフ
3,780円(税込)

葉酸 400μg
鉄 15mg
カルシウム 250mg
ビタミンB6 1.1mg
ビタミンB12 2.1μg
ビタミンC 36mg

妊娠中,葉酸サプリ,葉酸

AFC mitete

AFCのmiteteは合成葉酸400μg、鉄、カルシウム、ビタミンB6、B12、Cが入っていて、栄養素の種類はバッチリですが、鉄はプレミンより少ない10mgで、カルシウムはプレミンやママニックより50mg少ない200mgです。

 

miteteのおすすめポイントは、ほかの葉酸サプリよりも安いところ。製造から販売まですべてを自社工場で行っているので、流通コストを削減することができるためです。

 

つわりのときでも飲みやすいように8mmとほかのサプリに比べて小さく、丸みをおびたつるっと飲み込める形になっています。

 

AFC miteteについて詳しく知りたい>>>

 

価格 容量 評価

1,944円(税込)
6個セットなら20%オフ
→1個あたり1,512円(税込)

葉酸 400μg
鉄 10mg
カルシウム 200mg
ビタミンB6 1.4mg
ビタミンB12 2μg
ビタミンC 100mg

妊娠中,葉酸サプリ,葉酸

妊娠中にぴったりの葉酸サプリ 選び方はここをチェック!

葉酸サプリは他にもたくさんの種類があるので、どれを選んでいいか迷いますよね。そこで、妊娠中にぴったりの葉酸サプリの選び方を紹介します。

 

妊娠中は、赤ちゃんにも栄養を送るため摂取しなければいけない栄養の量が増えるので、しっかり栄養素の入っているサプリがおすすめです。

 

妊娠中の方が必要な栄養素は以下の通りです。
葉酸の量は妊活中から変わらないですが、それ以外の栄養素は妊娠すると、摂取しなければならない量が増えます。

 

栄養素/時期 妊活中 妊娠初期 妊娠中期 妊娠後期
葉酸(μg) 480 480 480 480
鉄(mg)6.5921.521.5
カルシウム(mg)600900900900
ビタミンB6(mg)1.21.41.41.4
ビタミンB12(μg)2.42.82.82.8
ビタミンC(mg)100110110110

 

モノグルタミン酸型の合成葉酸が400μg入っていること

ほうれん草
妊娠中の女性には、モノグルタミン酸型の合成葉酸を毎日400μg摂取することを厚生労働省が推奨しています。葉酸には、ポリグルタミン酸型の天然葉酸とモノグルタミン酸型の合成葉酸の2種類があります。2種類の葉酸の違いは、体内への吸収率です。体内の吸収率は天然葉酸は50%ほど、合成葉酸85%ほどです。

 

天然の方が体に良さそうな感じがしますが、合成葉酸がより吸収率がよいので、合成葉酸が400μg入っているものを選びましょう。葉酸は、赤ちゃんの体の形成大切な栄養ですので、しっかり摂取しましょう。

 

鉄が入っていること

レバニラ
妊娠中は貧血になりやすいので、鉄分が入っているものを選びましょう。妊娠中(妊娠中期、後期)の女性に必要な鉄は、21.5mgです。プレミンとママニックには15mgと多く入っています。miteteは10mgです。

 

妊娠中は、赤ちゃんに酸素や栄養を送るため、血液の量が増加します。血液中に含まれるヘモグロビンという物質が赤ちゃんへ酸素を運んでいますが、血液の量が増加してもヘモグロビンの量は増加しません。そのためヘモグロビンが足りなくなり、血液が薄くなってしまいます。ヘモグロビンは体に酸素を届ける役割があるので、不足すると酸素のめぐりが悪くなり、だるさや気持ち悪さの妊婦貧血になってしまいますヘモグロビンの主成分は鉄なので、鉄を含むサプリメントを飲みましょう。

 

カルシウムが入っていること

牛乳
妊活中に必要なカルシウムは600mgでしたが、妊娠すると900mg必要になります。これは、赤ちゃんの骨や歯の形成のためにカルシウムが送られるからです。カルシウムが不足すると妊婦さんの骨からカルシウムを取って、赤ちゃんに送られます。妊娠中にカルシウム不足になると、年をとった時に骨粗しょう症になってしまいます。

 

また、カルシウムは妊娠していなくても女性に不足している栄養素ですので、意識して摂るようにしましょう。ランキングで紹介したプレミンとママニックには、1日分に250mgのカルシウムが入っています。

 

ビタミンB6、B12、Cが入っていること

レモン
ビタミンB6、B12、Cは葉酸と一緒に摂取することで、葉酸の吸収がよくなります。他にも、妊娠中の体にさまざまな良い効果があるので、一緒に摂ることが望ましいです。

 

ビタミンB6を摂取すると、つわりの症状である吐き気が改善するという情報があります。ビタミンB12はビタミンCと一緒に摂ることで葉酸の吸収をよくします。また、ビタミンB12は血液中のヘモグロビンの合成を促し、ビタミンCは鉄分の吸収を助けるので、妊娠中に起こりやすい貧血に効果があります。妊娠中に必要なビタミンは他にもありますが、ビタミンB6、B12、Cが最も重要です。

妊娠中にぴったりの葉酸サプリはプレミン!

これまでに紹介した葉酸サプリの選び方で、”妊娠中にぴったりの葉酸サプリ”を選んでみると、1番のおすすめはプレミンです!

 

プレミンは、3位のAFC miteteに比べて、鉄が15mgと多く含まれています。妊娠初期には9mgでよかった鉄も、妊娠中期・後期には21.5mgも必要です。プレミンの鉄は、ヘム鉄8mg、非ヘム鉄7mgとバランスよく含まれています。

 

また、カルシウムも250mgとたっぷり入っています。プレミンは、妊娠初期から妊娠後期まで、ずっと飲むことができる葉酸サプリなのです

 

プレミンは、定期コースを○ヶ月以上続けなくてはならないという条件はなく、お休み制度もあります。25日間は全額返金保証もあるので、試しに購入してみてはいかがでしょうか??

 

葉酸サプリのプレミンを購入したい!>>>

 

妊娠中の人に葉酸が必要な理由は??葉酸って何??

これまで妊娠中の人におすすめの葉酸サプリを紹介してきましたが、そもそもなぜ妊娠中の方には葉酸が必要なのでしょう?詳しく紹介していきます。

 

妊娠中の方に葉酸が必要な理由

葉酸は血液を造成し、細胞の生産や再生を助けてくれる効果があります。妊娠初期においては、胎児の細胞分裂が盛んに行われ、特に重要な時期です。妊娠初期に葉酸が不足すると、先天性の障害である「二分脊椎症」という神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われています。また、妊娠中はお母さんの身体から赤ちゃんへ血液によって栄養や酸素が送られます。この時の血液造成にも役立つ栄養素が葉酸です。健康な赤ちゃんを出産するために必要な栄養素なのです。

 

葉酸はサプリメントから摂取しよう

葉酸は水溶性のビタミンであるビタミンB群の一種です。ほうれん草やブロッコリーなどの野菜にも含まれています。しかし、熱に弱く、水に流れてしまうので、調理法によっては栄養素を壊してしまいます。食品から十分な量を摂取するのは難しいのです。一度にたくさん摂取して体に貯めておくこともできないので、毎日少しずつサプリメントを飲むことで摂取しましょう。1日あたりの摂取量は480μg(マイクログラム)です。また、過剰に摂取しても流れていってしまいます。

 

葉酸の2つの種類

葉酸には以下の2つの種類があります。

 

モノグルタミン酸型(合成葉酸)

「合成」という言葉だけ聞くと、人工的に作られたものというイメージがありますが、安全性には全く問題ありません。合成葉酸の体内への吸収率は高く、85%もあります。効率よく葉酸を摂取できるため、厚生労働省も合成葉酸を推奨しています

 

ポリグルタミン酸型(天然葉酸)

オーガニックが好きという方に向いていますが、体内への吸収率は低く、50%もありません

 

葉酸サプリに関しては、天然=質がいいと言うわけではありません。なるべく合成葉酸のサプリメントを飲んで、効率よく葉酸を摂取しましょう。

おなかの赤ちゃんのために安全・安心な葉酸サプリを選ぼう!

これまでの紹介のように、妊娠中の葉酸はとても大切ということがわかりましたね。葉酸サプリは口に入れるものですし、おなかの赤ちゃんの体を形成します。

 

次に、安全・安心な葉酸サプリの選び方を紹介します。

 

GMP認定工場で製造されていること

工場
GMPとは、医薬品と医薬部外品の製造所における製造管理、品質管理の基準です。GMPに認定された工場で生産・製造されたものは、原材料の入荷から製造、出荷までの工程で、製品が安全に作られ、一定の品質になるように保たれています。GMPに認定されるには、厳しい基準をクリアしなければなりません。また、GMPよりさらに厳しい基準をクリアしているNSF GMP工場で製造されているサプリメントもあります。

 

安全性を確かめる一つの目安として、GMP認定工場で製造された商品を選びましょう。

 

当サイトおすすめNo.1 プレミンの公式サイトはこちら>>>